ちょっとお遊び 八軒家かいわい検定

八軒家かいわい検定・第1回(平成22年版)初級編
かいわいの名物を中心に出題しています。
8問以上正解の方には「八軒家初級博士」を名乗っていただきます。
第一問
あまり知られていないのですが、現在このあたりには、ハープ屋さん、バイオリン工房など、楽器関連の店が何軒かあります。何軒あるでしょう?
※東は谷町筋、西は松屋町筋、北は土佐堀通り、南は本町通りで区切る。

              

第二問
北大江公園の北側(現在マンションがある)に、戦前(昭和十年頃)建っていたある建物とは?

              

第三問
当会の入居する島町キタガワビルの建設時、約七メートル下の地層であるものが発見されました。それは何?

              

第四問
釣鐘町にある釣鐘は、元は江戸時代に設置されたものですが、何のためにつくったのでしょう?

    
    

第五問
八軒家の船宿は、新選組も勤王の志士たちも利用しました。では薩長土の侍たちがよく泊まった船宿は?

              

第六問
八軒家は平安時代、熊野詣の出発点でもありました。では、ここから熊野までの所要日数は?

              

第七問
江戸時代に京大坂間を往復した三十石船は、いつ頃まで運航していたでしょう?

    
    

第八問
江戸時代の公儀橋のうち、明治三年に大阪初の鉄橋になった橋はどれでしょう?

              

第九問
大阪城がある場所に、それ以前にあった寺院の名前は何でしょう?

              

第十問
大阪独特の手じめの仕方を「大阪じめ」といいます。その方法は、次のうちどれでしょう?





解答と解説はこちら
※全問ご解答の上、おすすみください。