このページは「八軒家かいわいマガジン」内の記事のテキスト版(画像なし)です。
Flash版(画像付き)ではコンテンツを縦書きでご覧いただけます。
Flash版はこちら

八軒家タイムトラベル 元禄十六年(一七〇三年)四月七日
近松の曽根崎心中誕生秘話(1)

心中事件とその時代背景
お初徳兵衛の悲恋―
曽根崎心中の背景を探る

宝永元年(一七〇四)に「心中大鑑」という浮世草紙が刊行されています。著者は書方軒。京や大坂などでの二十一にも及ぶ心中事件が取り上げられています(内、大坂の心中が八件)。もちろん、お初・徳兵衛の心中も紹介されています。おおむねつぎのような話です。元禄十六年の四月七日のことでした。

醤油屋の手代、徳兵衛が見初めたのは
堂島新地天満屋の人気女郎のお初

「お初は堂島新地天満屋の売れっ子女郎だった。相手の徳兵衛は、内本町の大坂一の醤油屋、平野屋忠右衛門の店の手代(主人の甥)で、堂島新地の担当。丁稚に醤油桶をかつがせて、一軒一軒ご用を聞いて量り売りをしていた。醤油屋には惜しいようないい男だったという。最初に出会ったその夜からお初は徳兵衛に夢中になる。それからあとは徳兵衛はもう毎日のようにお初の元に通い始める。夜は金も掛かるので朝から夕方までの間に通い続けた。お初は二十一才、徳兵衛は二十五才。

その頃、平野屋の江戸店で、古参の手代が売掛金百八十五両を持ち逃げする事件が起こった。そこで平野屋の忠右衛門は、十八才になる養子娘に徳兵衛を縁組させて江戸店をまかせようとした。本来なら願ってもない話だが、徳兵衛にはお初がいる。いてもたってもいられず徳兵衛は天満屋に向かった。

一方、天満屋では大坂で一年余りも遊興三昧していた豊後(大分)の客が二、三日後に郷里に帰るという。その際、なじみになっていたお初を身請けして連れて帰るという話が亭主との間でまとまっていた。お初はその夜のうちに腰の物で死んでしまおうと覚悟を決めた。階下へ下りてゆくとそこで徳兵衛とばったり。二人が別れ別れに切り裂かれることは目に見えている。二人は闇に紛れて曾根崎の天神の森へ向かいそこで心中した」

これが実際にあった心中事件のあらましです(浮世草紙ですからそれなりに潤色を加えてあるでしょうが、ほぼもとの事件を忠実に記していると思われます)。

図1)
「露の天神」(浪花百景之内)長谷川貞信
祭神は少名彦名命、菅原道真。入梅の頃に祭事のあることから「梅雨(つゆ)天神」と名づくと『摂陽群談』にある。また、『摂津名所図会』では道真が筑紫へ流される時に詠んだ「露と散る涙に袖は朽ちにけり都のことを思いいづれば」から「露天神」の号があるというが、歌自体の出典も怪しいとされる。俗に曽根崎の天神、また『曽根崎心中』に因みお初天神ともいう(大阪府立中之島図書館「錦絵に見る大阪の風景」より)。

市中はこの心中話で持ち切り。
瓦版が飛ぶように売れます

さあ大坂の市中は大変です。この心中事件の噂で持ちきりになります。橋のたもとや町の角々で瓦版(読売)が売られ、人々は奪い合うように買い求めます。

堂島新地は今の中之島の北側にありました。南に堂島川、北に蜆川(曾根崎川)が流れています。中洲の島が二つあったわけです。その一つが堂島。一六八五年に河村瑞賢が蜆川を改修した際、幕府が開発後の振興策として茶屋の設営を許可したことで発展したのが堂島新地なのです(その後、一七〇八年に蜆川の北側が開けて曽根崎新地となります)。この堂島新地から梅田橋を渡って天神の森までが曾根崎心中の道行でした(天神の森があったあたりの露天神社、通称お初天神には「お初徳兵衛心中の碑」があります)。

図2)
「新撰増補堂社仏閣絵入諸大名御屋敷新校正大坂大絵図」
堂島近辺部分。左に梅田橋、右上の鳥居マークが露天神社(クリックで拡大)。元禄四年(1691年)発行。(国際日本文化研究センターより)

二人は時代の矛盾を背負ったまま、死ぬしか方法がなかった。心中することで社会の枠組みから抜け出して自由の身となり、現世のしがらみから解放されたのです。近松によって「恋の手本」とうたわれたこの心中事件で、観客が流した涙は、そんな社会の犠牲者である二人への同情の涙であり、共感の涙でした。

この年が心中事件のピーク。
大坂だけでなんと四十六組も!

元禄十六年という年は、延宝・天和期(一六七三~八四年)から徐々に増えていた心中がピークに達した年でもありました。この一年に大坂だけで四十六組の心中があったといいます。

延宝期以来右肩上がりで成長してきた経済も、元禄八年(一六九五年)以後の悪貨の大量改鋳で元禄インフレを引き起こし、物価が高騰した時期です。元禄末期にはバブルがはじけ、経済・社会の閉塞状況が中下層の武士や町人の生活に重くのしかかっていました。

図3)
「七難七福図巻」(部分)円山応挙
「七難七福図巻」は円山応挙の代表作のひとつで、天災・人災・福寿の三巻からなる(別冊太陽「文楽」より)。

なかでもそれが顕著だったのが、借金をかかえた奉公人と遊女でした。おまけに気分の滅入るような「犬公方」徳川綱吉の政治が二十年以上も続いていました。彼らは先の見えない暮らしから、最後の手立てとして心中を選んだとも言えるでしょう。ともかく心中の多発は元禄末期の特徴的な社会現象でした。

要は金に詰まっただけだ…。
皮肉屋の西鶴の心中観

井原西鶴はその著「諸艶大鑑」で「男と女が心中するのは義理でも、情でもない。要は金に行き詰って、生きているのがつらくなり、進退窮まって心中するのだ。それの証拠に情死をするのは端女郎ばかりだ。男も女も名のある者は、恋が遂げられぬからといって心中などしない」とにべもありません。

図4)
井原西鶴像(大阪市天王寺区生玉町・生国魂神社内)
井原西鶴は寛永19年(1642)に生まれ元禄6年(1693)大坂錫屋町(現谷町3丁目)で没した。「好色一代男」「好色五人女」「本朝二十不孝」「武家義理物語」「世間胸算用」など多くの名作を残し延宝8年に一昼夜4千句の独吟矢数俳諧の新記録をこの地生国魂神社南坊で樹立した(碑文より)。近松門左衛門の「生玉心中」は同社の境内が舞台である。「曽根崎心中」にも同社が登場する。

ちなみに曽根崎心中の徳兵衛は叔父に返却すべき持参金銀二貫目(約三十三両)を悪友に騙し取られました。これは確かに高額ですが、心中天網島の紙屋治兵衛はわずか十三両で万事休して心中しています(一両は約十二万円)。
(平野)

参考資料
「日本古典文学大系 近松浄瑠璃集 上下」(岩波書店)
「近松門左衛門」(河竹繁俊著 吉川弘文館)
「近松に親しむ―その時代と人・作品」(松平 進著)
「近松門左衛門 三百五十年」(和泉書院)
「岩波講座 歌舞伎・文楽第八巻 近松の時代」(岩波書店)
「上方文化講座 曽根崎心中」(和泉書院)
「恋の手本 曽根崎心中論」(高野敏夫著 河出書房新社)
「新注絵入 曾根崎心中」(松平 進編 和泉書院)
「上方文化講座 曽根崎心中」(上方文化講座編 和泉書院)
「江戸の色ごと仕置帳」(丹野 顕著 集英社新書)
「別冊太陽 文楽」(平凡社)
「大坂町人論」(宮本又次著 ミネルヴァ書房)
「町人の都大坂物語(商都の風俗と歴史)」(渡邊忠司著 中公新書)
このページは「八軒家かいわいマガジン」内の記事のテキスト版(画像なし)です。
Flash版(画像付き)ではコンテンツを縦書きでご覧いただけます。
Flash版はこちら