新着情報一覧:2012年 以後
2017年5月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
5月1日(明治二年):舎密局(化学所)設置。
「日本の近代化学はここから始まった!大阪舎密局開校」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月2日(昭和三十九年): 難波宮跡大極殿・大安殿など史跡指定。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月6日(慶長二十年):大坂夏の陣始まる。平野郷の大半焼失。
「大坂夏の陣図屏風」全三編
(1)夏の陣ゲルニカ絵巻
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)大川べりの阿鼻叫喚
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)避難民を雑兵が襲う
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月20日(元治元年):新選組、大坂町奉行所与力内山彦次郎を暗殺。
「新選組の大坂血闘記 大坂相撲力士と北新地で大乱闘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月22日(大正四年):難波橋架け換え完成。ライオン像(石像)設置。
「浪速の橋ものがたり難波橋 高欄にライオン!なぜ?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2017年4月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
4月3日(大正十三年):モダン都市大阪に信濃橋洋画研究所が開設。
「大阪画壇は信濃橋の時代へ」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
4月7日(元禄十六年):はつと徳兵衛、曽根崎村の露天神の森で心中。
「近松の曽根崎心中誕生秘話」全三篇
(1)心中事件とその時代背景
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)本格的な世話浄瑠璃の誕生
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)元禄の遊郭・芝居小屋事情
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
4月13日〜4月18日(貞享五年):松尾芭蕉、八軒家に逗留。
4月20日(明治十六年):造幣局、桜の通り抜け始まる。
「文明開化と造幣局の通り抜け」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2017年3月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
3月1日(明治三十六年):第五回内国勧業博覧会開幕。
「大阪のベルエポック 第五回内国勧業博覧会」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月10日(安永七年):与謝蕪村、几菫とともに三十石船で来坂。
「蕪村の謎。故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月12日(明治四十四年):城東練兵場で米人マースによる複葉機の飛行。
「なんと観客が八十万人も!城東練兵場で大飛行ショー」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月13日(昭和二十年):第一次大阪大空襲
「大阪大空襲あの日あの時〈その一〉」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月15日(昭和四十五年):日本万国博覧会(大阪万博)開幕
「大阪万博と八軒家かいわい」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2017年2月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
2月17日(元暦二年):源義経、屋島攻撃のため渡辺津を出発。
「中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月19日(天保八年):大坂町奉行所元与力大塩平八郎決起。
「ドキュメント!大塩平八郎の乱」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月26日(天平十五年):難波宮を皇都とする。
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2017年1月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
1月1日(大化二年):孝徳天皇、難波宮で改新の詔を発する(大化の改新)。
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
1月9日(慶応四年):大坂城炎上。城内の建造物のほとんどが焼失。
「大阪城炎上。時代は維新へ」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
1月14日(朱鳥元年):難波宮、大蔵省より出火して焼亡。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2017年1月1日
あけましておめでとうございます。
2016年12月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
12月9日(平治元年):渡辺党、平治の乱で源頼政軍に加わる。
「中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月14日(明治八年):大阪で初めての日刊紙「浪花新聞」創刊。
「新聞王国大阪への第一歩 宇田川文海が浪花新聞を創刊」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月20日(明治二十一年):天満橋・天神橋(鉄橋)竣工。
「天満橋 重ね橋のもったいない発想とは?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
「天神橋 空海はここから唐へ船出した?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月25日(天明三年):与謝蕪村没。
「蕪村の謎 故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月 -(明治九年):高麗橋東詰に里程元標を設置。
「高麗橋 朝鮮使節の迎賓館があった?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年11月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
11月4日(嘉永七年):5日にかけて地震。津波の被害甚大(安政の大地震)。
「浪速っ子を震え上がらせた大地震と津波の話」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月6日(天正六年):毛利水軍、木津沖で九鬼嘉隆の鉄甲船に敗れる。
「津の国ものがたり 楼の岸:信長vs顕如 石山合戦の十余年」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月11日(大正十三年):寿屋、京都・山崎に日本初のウイスキー蒸留所。
「日本の洋酒王 鳥井信治郎は釣鐘町に生まれ、北大江小学校に入学」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月26日(寛政十年):大槻玄沢、芝蘭堂でオランダ正月を祝う会(新元会)。
「大坂の蘭学の祖は傘職人の息子だった!ー橋本宗吉物語ー」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年10月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
10月2日(慶長八年):家康、淀船に朱印状を発給。
10月5日(建仁元年):後鳥羽上皇、熊野参詣。
「後鳥羽院も藤原定家も、ここで一服」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
10月12日(元禄七年):松尾芭蕉、大坂で没。
10月26日(神亀三年):藤原字合を知造難波宮事として造営に着手。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年9月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
9月3日(昭和二十五年):ジェーン台風、大阪上陸。死者・不明222人。
「占領下の大阪をジェーン台風が直撃!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月12日(明治三十六年):大阪市営電気鉄道創業。
「水の都大阪に市電が走った日」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月13日(元亀元年):石山本願寺勢が信長の陣を攻撃。石山合戦開始。
「津の国ものがたり・楼の岸 信長VS顕如 石山合戦の十余年」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月22日(明治三年):高麗橋(鉄橋)竣工。
「浪速の橋ものがたり 高麗橋」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年8月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
8月2日(天正八年):教如、大坂を退去。翌3日にかけて石山本願寺焼亡。
「津の国ものがたり 楼の岸」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
8月9日(寛保元年):上荷船・茶船仲間、過書座の青物積載小廻賃についての争論に勝訴。
8月14日(昭和二十年):第8次大阪大空襲、大阪陸軍造兵廠、京橋駅などに大被害。
「大阪大空襲あの日あの時〈その三〉」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
8月25日(昭和四十四年):大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)オープン。
「大阪万博と八軒家かいわい」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年7月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
7月3日(推古十五年):遣隋使
「難波津から小野妹子が隋へ旅立った日」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月11日(保元元年):保元の乱
「津の国ものがたり・渡辺の津 中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月25日(昭和二十四年):天神祭で、戦後最初の船渡御実施
「錦絵と俳句で楽しむ 大阪の川の天神祭かな」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月26日(寛永十一年):地子銀免除
「徳川嫌いの大阪町人も感激?釣鐘屋敷は、税免除のお礼」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年6月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
6月1日(昭和二十年):第2次大阪大空襲。死者3112人、被災者21万8682人。
「八軒家界隈が焼き尽くされた六月の大空襲」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月5日(貞享元年):井原西鶴、住吉神社前で独吟2万3500句を興行。
「俳諧師西鶴 その野望と挫折」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月7日(享保十一年):懐徳堂、幕府の公許学問所となる。
「特集 懐徳堂—船場商人による学問所革命」全四篇
(1)浪華の商人たちが学問に目覚めた時
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)船場の豪商のプライドが創造した学問所
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)時代を先取りした自由な気風をもつ町人の学問所の成立
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(4)教学内容から学則に至るまで、町人にやさしい学問所の誕生
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月23日(元禄二年):丸亀藩主の母の侍女で国学者でもある井上通女、江戸からの帰途天神祭の宵々宮を見物。
「江戸時代の天神祭ちょっといい話」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年5月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
5月1日(明治二年):舎密局(化学所)設置。
「日本の近代化学はここから始まった!大阪舎密局開校」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月2日(昭和三十九年): 難波宮跡大極殿・大安殿など史跡指定。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月6日(慶長二十年):大坂夏の陣始まる。平野郷の大半焼失。
「大坂夏の陣図屏風」全三編
(1)夏の陣ゲルニカ絵巻
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)大川べりの阿鼻叫喚
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)避難民を雑兵が襲う
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月20日(元治元年):新選組、大坂町奉行所与力内山彦次郎を暗殺。
「新選組の大坂血闘記 大坂相撲力士と北新地で大乱闘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月22日(大正四年):難波橋架け換え完成。ライオン像(石像)設置。
「浪速の橋ものがたり難波橋 高欄にライオン!なぜ?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年4月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
4月3日(大正十三年):モダン都市大阪に信濃橋洋画研究所が開設。
「大阪画壇は信濃橋の時代へ」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
4月7日(元禄十六年):はつと徳兵衛、曽根崎村の露天神の森で心中。
「近松の曽根崎心中誕生秘話」全三篇
(1)心中事件とその時代背景
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)本格的な世話浄瑠璃の誕生
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)元禄の遊郭・芝居小屋事情
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
4月13日〜4月18日(貞享五年):松尾芭蕉、八軒家に逗留。
4月20日(明治十六年):造幣局、桜の通り抜け始まる。
「文明開化と造幣局の通り抜け」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年3月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
3月1日(明治三十六年):第五回内国勧業博覧会開幕。
「大阪のベルエポック 第五回内国勧業博覧会」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月10日(安永七年):与謝蕪村、几菫とともに三十石船で来坂。
「蕪村の謎。故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月12日(明治四十四年):城東練兵場で米人マースによる複葉機の飛行。
「なんと観客が八十万人も!城東練兵場で大飛行ショー」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月13日(昭和二十年):第一次大阪大空襲
「大阪大空襲あの日あの時〈その一〉」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月15日(昭和四十五年):日本万国博覧会(大阪万博)開幕
「大阪万博と八軒家かいわい」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年2月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
2月17日(元暦二年):源義経、屋島攻撃のため渡辺津を出発。
「中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月19日(天保八年):大坂町奉行所元与力大塩平八郎決起。
「ドキュメント!大塩平八郎の乱」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月26日(天平十五年):難波宮を皇都とする。
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年1月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
1月1日(大化二年):孝徳天皇、難波宮で改新の詔を発する(大化の改新)。
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
1月9日(慶応四年):大坂城炎上。城内の建造物のほとんどが焼失。
「大阪城炎上。時代は維新へ」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
1月14日(朱鳥元年):難波宮、大蔵省より出火して焼亡。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2016年1月1日
あけましておめでとうございます。
2015年12月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
12月9日(平治元年):渡辺党、平治の乱で源頼政軍に加わる。
「中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月14日(明治八年):大阪で初めての日刊紙「浪花新聞」創刊。
「新聞王国大阪への第一歩 宇田川文海が浪花新聞を創刊」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月20日(明治二十一年):天満橋・天神橋(鉄橋)竣工。
「天満橋 重ね橋のもったいない発想とは?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
「天神橋 空海はここから唐へ船出した?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月25日(天明三年):与謝蕪村没。
「蕪村の謎 故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月 -(明治九年):高麗橋東詰に里程元標を設置。
「高麗橋 朝鮮使節の迎賓館があった?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年11月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
11月4日(嘉永七年):5日にかけて地震。津波の被害甚大(安政の大地震)。
「浪速っ子を震え上がらせた大地震と津波の話」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月6日(天正六年):毛利水軍、木津沖で九鬼嘉隆の鉄甲船に敗れる。
「津の国ものがたり 楼の岸:信長vs顕如 石山合戦の十余年」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月11日(大正十三年):寿屋、京都・山崎に日本初のウイスキー蒸留所。
「日本の洋酒王 鳥井信治郎は釣鐘町に生まれ、北大江小学校に入学」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月26日(寛政十年):大槻玄沢、芝蘭堂でオランダ正月を祝う会(新元会)。
「大坂の蘭学の祖は傘職人の息子だった!ー橋本宗吉物語ー」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年10月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
10月2日(慶長八年):家康、淀船に朱印状を発給。
10月5日(建仁元年):後鳥羽上皇、熊野参詣。
「後鳥羽院も藤原定家も、ここで一服」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
10月12日(元禄七年):松尾芭蕉、大坂で没。
10月26日(神亀三年):藤原字合を知造難波宮事として造営に着手。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年9月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
9月3日(昭和二十五年):ジェーン台風、大阪上陸。死者・不明222人。
「占領下の大阪をジェーン台風が直撃!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月12日(明治三十六年):大阪市営電気鉄道創業。
「水の都大阪に市電が走った日」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月13日(元亀元年):石山本願寺勢が信長の陣を攻撃。石山合戦開始。
「津の国ものがたり・楼の岸 信長VS顕如 石山合戦の十余年」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月22日(明治三年):高麗橋(鉄橋)竣工。
「浪速の橋ものがたり 高麗橋」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年8月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
8月2日(天正八年):教如、大坂を退去。翌3日にかけて石山本願寺焼亡。
「津の国ものがたり 楼の岸」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
8月9日(寛保元年):上荷船・茶船仲間、過書座の青物積載小廻賃についての争論に勝訴。
8月14日(昭和二十年):第8次大阪大空襲、大阪陸軍造兵廠、京橋駅などに大被害。
「大阪大空襲あの日あの時〈その三〉」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
8月25日(昭和四十四年):大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)オープン。
「大阪万博と八軒家かいわい」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年7月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
7月3日(推古十五年):遣隋使
「難波津から小野妹子が隋へ旅立った日」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月11日(保元元年):保元の乱
「津の国ものがたり・渡辺の津 中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月25日(昭和二十四年):天神祭で、戦後最初の船渡御実施
「錦絵と俳句で楽しむ 大阪の川の天神祭かな」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月26日(寛永十一年):地子銀免除
「徳川嫌いの大阪町人も感激?釣鐘屋敷は、税免除のお礼」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年6月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
6月1日(昭和二十年):第2次大阪大空襲。死者3112人、被災者21万8682人。
「八軒家界隈が焼き尽くされた六月の大空襲」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月5日(貞享元年):井原西鶴、住吉神社前で独吟2万3500句を興行。
「俳諧師西鶴 その野望と挫折」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月7日(享保十一年):懐徳堂、幕府の公許学問所となる。
「特集 懐徳堂—船場商人による学問所革命」全四篇
(1)浪華の商人たちが学問に目覚めた時
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)船場の豪商のプライドが創造した学問所
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)時代を先取りした自由な気風をもつ町人の学問所の成立
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(4)教学内容から学則に至るまで、町人にやさしい学問所の誕生
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月23日(元禄二年):丸亀藩主の母の侍女で国学者でもある井上通女、江戸からの帰途天神祭の宵々宮を見物。
「江戸時代の天神祭ちょっといい話」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年5月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
5月1日(明治二年):舎密局(化学所)設置。
「日本の近代化学はここから始まった!大阪舎密局開校」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月2日(昭和三十九年): 難波宮跡大極殿・大安殿など史跡指定。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月6日(慶長二十年):大坂夏の陣始まる。平野郷の大半焼失。
「大坂夏の陣図屏風」全三編
(1)夏の陣ゲルニカ絵巻
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)大川べりの阿鼻叫喚
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)避難民を雑兵が襲う
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月20日(元治元年):新選組、大坂町奉行所与力内山彦次郎を暗殺。
「新選組の大坂血闘記 大坂相撲力士と北新地で大乱闘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月22日(大正四年):難波橋架け換え完成。ライオン像(石像)設置。
「浪速の橋ものがたり難波橋 高欄にライオン!なぜ?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年4月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
4月3日(大正十三年):モダン都市大阪に信濃橋洋画研究所が開設。
「大阪画壇は信濃橋の時代へ」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
4月7日(元禄十六年):はつと徳兵衛、曽根崎村の露天神の森で心中。
「近松の曽根崎心中誕生秘話」全三篇
(1)心中事件とその時代背景
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)本格的な世話浄瑠璃の誕生
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)元禄の遊郭・芝居小屋事情
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
4月13日〜4月18日(貞享五年):松尾芭蕉、八軒家に逗留。
4月20日(明治十六年):造幣局、桜の通り抜け始まる。
「文明開化と造幣局の通り抜け」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年3月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
3月1日(明治三十六年):第五回内国勧業博覧会開幕。
「大阪のベルエポック 第五回内国勧業博覧会」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月10日(安永七年):与謝蕪村、几菫とともに三十石船で来坂。
「蕪村の謎。故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月12日(明治四十四年):城東練兵場で米人マースによる複葉機の飛行。
「なんと観客が八十万人も!城東練兵場で大飛行ショー」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月13日(昭和二十年):第一次大阪大空襲
「大阪大空襲あの日あの時〈その一〉」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月15日(昭和四十五年):日本万国博覧会(大阪万博)開幕
「大阪万博と八軒家かいわい」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年2月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
2月17日(元暦二年):源義経、屋島攻撃のため渡辺津を出発。
「中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月19日(天保八年):大坂町奉行所元与力大塩平八郎決起。
「ドキュメント!大塩平八郎の乱」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月26日(天平十五年):難波宮を皇都とする。
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年1月5日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
1月9日(慶応四年):大坂城炎上。城内の建造物のほとんどが焼失。
「大阪城炎上。時代は維新へ」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
1月14日(朱鳥元年):難波宮、大蔵省より出火して焼亡。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2015年1月1日
あけましておめでとうございます。
2014年12月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
12月9日(平治元年):渡辺党、平治の乱で源頼政軍に加わる。
「中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月14日(明治八年):大阪で初めての日刊紙「浪花新聞」創刊。
「新聞王国大阪への第一歩 宇田川文海が浪花新聞を創刊」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月20日(明治二十一年):天満橋・天神橋(鉄橋)竣工。
「天満橋 重ね橋のもったいない発想とは?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
「天神橋 空海はここから唐へ船出した?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月25日(天明三年):与謝蕪村没。
「蕪村の謎 故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月 -(明治九年):高麗橋東詰に里程元標を設置。
「高麗橋 朝鮮使節の迎賓館があった?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年11月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
11月4日(嘉永七年):5日にかけて地震。津波の被害甚大(安政の大地震)。
「浪速っ子を震え上がらせた大地震と津波の話」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月6日(天正六年):毛利水軍、木津沖で九鬼嘉隆の鉄甲船に敗れる。
「津の国ものがたり 楼の岸:信長vs顕如 石山合戦の十余年」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月11日(大正十三年):寿屋、京都・山崎に日本初のウイスキー蒸留所。
「日本の洋酒王 鳥井信治郎は釣鐘町に生まれ、北大江小学校に入学」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月26日(寛政十年):大槻玄沢、芝蘭堂でオランダ正月を祝う会(新元会)。
「大坂の蘭学の祖は傘職人の息子だった!ー橋本宗吉物語ー」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年10月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
10月2日(慶長八年):家康、淀船に朱印状を発給。
10月5日(建仁元年):後鳥羽上皇、熊野参詣。
「後鳥羽院も藤原定家も、ここで一服」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
10月12日(元禄七年):松尾芭蕉、大坂で没。
10月26日(神亀三年):藤原字合を知造難波宮事として造営に着手。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年9月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
9月3日(昭和二十五年):ジェーン台風、大阪上陸。死者・不明222人。
「占領下の大阪をジェーン台風が直撃!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月12日(明治三十六年):大阪市営電気鉄道創業。
「水の都大阪に市電が走った日」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月13日(元亀元年):石山本願寺勢が信長の陣を攻撃。石山合戦開始。
「津の国ものがたり・楼の岸 信長VS顕如 石山合戦の十余年」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月22日(明治三年):高麗橋(鉄橋)竣工。
「浪速の橋ものがたり 高麗橋」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年8月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
8月2日(天正八年):教如、大坂を退去。翌3日にかけて石山本願寺焼亡。
「津の国ものがたり 楼の岸」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
8月9日(寛保元年):上荷船・茶船仲間、過書座の青物積載小廻賃についての争論に勝訴。
8月14日(昭和二十年):第8次大阪大空襲、大阪陸軍造兵廠、京橋駅などに大被害。
「大阪大空襲あの日あの時〈その三〉」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
8月25日(昭和四十四年):大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)オープン。
「大阪万博と八軒家かいわい」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年7月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
7月3日(推古十五年):遣隋使
「難波津から小野妹子が隋へ旅立った日」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月11日(保元元年):保元の乱
「津の国ものがたり・渡辺の津 中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月25日(昭和二十四年):天神祭で、戦後最初の船渡御実施
「錦絵と俳句で楽しむ 大阪の川の天神祭かな」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月26日(寛永十一年):地子銀免除
「徳川嫌いの大阪町人も感激?釣鐘屋敷は、税免除のお礼」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年6月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
6月1日(昭和二十年):第2次大阪大空襲。死者3112人、被災者21万8682人。
「八軒家界隈が焼き尽くされた六月の大空襲」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月5日(貞享元年):井原西鶴、住吉神社前で独吟2万3500句を興行。
「俳諧師西鶴 その野望と挫折」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月7日(享保十一年):懐徳堂、幕府の公許学問所となる。
「特集 懐徳堂—船場商人による学問所革命」全四篇
(1)浪華の商人たちが学問に目覚めた時
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)船場の豪商のプライドが創造した学問所
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)時代を先取りした自由な気風をもつ町人の学問所の成立
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(4)教学内容から学則に至るまで、町人にやさしい学問所の誕生
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月23日(元禄二年):丸亀藩主の母の侍女で国学者でもある井上通女、江戸からの帰途天神祭の宵々宮を見物。
「江戸時代の天神祭ちょっといい話」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年5月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
5月1日(明治二年):舎密局(化学所)設置。
「日本の近代化学はここから始まった!大阪舎密局開校」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月2日(昭和三十九年): 難波宮跡大極殿・大安殿など史跡指定。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月6日(慶長二十年):大坂夏の陣始まる。平野郷の大半焼失。
「大坂夏の陣図屏風」全三編
(1)夏の陣ゲルニカ絵巻
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)大川べりの阿鼻叫喚
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)避難民を雑兵が襲う
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月20日(元治元年):新選組、大坂町奉行所与力内山彦次郎を暗殺。
「新選組の大坂血闘記 大坂相撲力士と北新地で大乱闘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月22日(大正四年):難波橋架け換え完成。ライオン像(石像)設置。
「浪速の橋ものがたり難波橋 高欄にライオン!なぜ?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年4月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
4月3日(大正十三年):モダン都市大阪に信濃橋洋画研究所が開設。
「大阪画壇は信濃橋の時代へ」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
4月7日(元禄十六年):はつと徳兵衛、曽根崎村の露天神の森で心中。
「近松の曽根崎心中誕生秘話」全三篇
(1)心中事件とその時代背景
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)本格的な世話浄瑠璃の誕生
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)元禄の遊郭・芝居小屋事情
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
4月13日〜4月18日(貞享五年):松尾芭蕉、八軒家に逗留。
4月20日(明治十六年):造幣局、桜の通り抜け始まる。
「文明開化と造幣局の通り抜け」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年3月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
3月1日(明治三十六年):第五回内国勧業博覧会開幕。
「大阪のベルエポック 第五回内国勧業博覧会」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月10日(安永七年):与謝蕪村、几菫とともに三十石船で来坂。
「蕪村の謎。故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月12日(明治四十四年):城東練兵場で米人マースによる複葉機の飛行。
「なんと観客が八十万人も!城東練兵場で大飛行ショー」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月13日(昭和二十年):第一次大阪大空襲
「大阪大空襲あの日あの時〈その一〉」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月15日(昭和四十五年):日本万国博覧会(大阪万博)開幕
「大阪万博と八軒家かいわい」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年2月3日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
2月17日(元暦二年):源義経、屋島攻撃のため渡辺津を出発。
「中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月19日(天保八年):大坂町奉行所元与力大塩平八郎決起。
「ドキュメント!大塩平八郎の乱」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月26日(天平十五年):難波宮を皇都とする。
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年1月6日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
1月9日(慶応四年):大坂城炎上。城内の建造物のほとんどが焼失。
「大阪城炎上。時代は維新へ」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2014年1月6日
あけましておめでとうございます。
2013年12月2日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
12月9日(平治元年):渡辺党、平治の乱で源頼政軍に加わる。
「中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月14日(明治八年):大阪で初めての日刊紙「浪花新聞」創刊。
「新聞王国大阪への第一歩 宇田川文海が浪花新聞を創刊」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月20日(明治二十一年):天満橋・天神橋(鉄橋)竣工。
「天満橋 重ね橋のもったいない発想とは?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
「天神橋 空海はここから唐へ船出した?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月25日(天明三年):与謝蕪村没。
「蕪村の謎 故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月 -(明治九年):高麗橋東詰に里程元標を設置。
「高麗橋 朝鮮使節の迎賓館があった?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年11月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
11月4日(嘉永七年):5日にかけて地震。津波の被害甚大(安政の大地震)。
「浪速っ子を震え上がらせた大地震と津波の話」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月6日(天正六年):毛利水軍、木津沖で九鬼嘉隆の鉄甲船に敗れる。
「津の国ものがたり 楼の岸:信長vs顕如 石山合戦の十余年」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月11日(大正十三年):寿屋、京都・山崎に日本初のウイスキー蒸留所。
「日本の洋酒王 鳥井信治郎は釣鐘町に生まれ、北大江小学校に入学」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月26日(寛政十年):大槻玄沢、芝蘭堂でオランダ正月を祝う会(新元会)。
「大坂の蘭学の祖は傘職人の息子だった!ー橋本宗吉物語ー」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年10月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
10月2日(慶長八年):家康、淀船に朱印状を発給。
10月5日(建仁元年):後鳥羽上皇、熊野参詣。
「後鳥羽院も藤原定家も、ここで一服」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
10月12日(元禄七年):松尾芭蕉、大坂で没。
10月26日(神亀三年):藤原字合を知造難波宮事として造営に着手。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年9月2日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
9月3日(昭和二十五年):ジェーン台風、大阪上陸。死者・不明222人。
「占領下の大阪をジェーン台風が直撃!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月12日(明治三十六年):大阪市営電気鉄道創業。
「水の都大阪に市電が走った日」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月13日(元亀元年):石山本願寺勢が信長の陣を攻撃。石山合戦開始。
「津の国ものがたり・楼の岸 信長VS顕如 石山合戦の十余年」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年8月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
8月2日(天正八年):教如、大坂を退去。翌3日にかけて石山本願寺焼亡。
「津の国ものがたり 楼の岸」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
8月9日(寛保元年):上荷船・茶船仲間、過書座の青物積載小廻賃についての争論に勝訴。
8月14日(昭和二十年):第8次大阪大空襲、大阪陸軍造兵廠、京橋駅などに大被害。
「大阪大空襲あの日あの時〈その三〉」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
8月25日(昭和四十四年):大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)オープン。
「大阪万博と八軒家かいわい」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年7月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
7月3日(推古十五年):遣隋使
「難波津から小野妹子が隋へ旅立った日」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月11日(保元元年):保元の乱
「津の国ものがたり・渡辺の津 中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月26日(寛永十一年):地子銀免除
「徳川嫌いの大阪町人も感激?釣鐘屋敷は、税免除のお礼」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年6月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
6月1日(昭和二十年):第2次大阪大空襲。死者3112人、被災者21万8682人。
「八軒家界隈が焼き尽くされた六月の大空襲」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月5日(貞享元年):井原西鶴、住吉神社前で独吟2万3500句を興行。
「俳諧師西鶴 その野望と挫折」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月7日(享保十一年):懐徳堂、幕府の公許学問所となる。
「特集 懐徳堂—船場商人による学問所革命」全四篇
(1)浪華の商人たちが学問に目覚めた時
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)船場の豪商のプライドが創造した学問所
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)時代を先取りした自由な気風をもつ町人の学問所の成立
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(4)教学内容から学則に至るまで、町人にやさしい学問所の誕生
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月23日(元禄二年):丸亀藩主の母の侍女で国学者でもある井上通女、江戸からの帰途天神祭の宵々宮を見物。
「江戸時代の天神祭ちょっといい話」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年5月2日
「八軒家かいわいマガジン」を更新しました。
2013年5月1日
「八軒家かいわい文庫」(右欄)を創設しました。
2013年5月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
5月1日(明治二年):舎密局(化学所)設置。
「日本の近代化学はここから始まった!大阪舎密局開校」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月6日(慶長二十年):大坂夏の陣始まる。平野郷の大半焼失
「大坂夏の陣図屏風」全三編
(1)夏の陣ゲルニカ絵巻
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)大川べりの阿鼻叫喚
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)避難民を雑兵が襲う
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月20日(元治元年):新選組、大坂町奉行所与力内山彦次郎を暗殺。
「新選組の大坂血闘記 大坂相撲力士と北新地で大乱闘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
5月22日(大正四年):難波橋架け換え完成。ライオン像(石像)設置。
「浪速の橋ものがたり難波橋 高欄にライオン!なぜ?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年4月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
4月3日(大正十三年):モダン都市大阪に信濃橋洋画研究所が開設。
「大阪画壇は信濃橋の時代へ」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
4月7日(元禄十六年):はつと徳兵衛、曽根崎村の露天神の森で心中。
「近松の曽根崎心中誕生秘話」全三篇
(1)心中事件とその時代背景
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(2)本格的な世話浄瑠璃の誕生
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
(3)元禄の遊郭・芝居小屋事情
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
4月13日〜4月18日(貞享五年):松尾芭蕉、八軒家に逗留。
4月20日(明治十六年):造幣局、桜の通り抜け始まる。
「文明開化と造幣局の通り抜け」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年3月12日
「八軒家かいわいマガジン」を更新しました。
2013年3月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
3月1日(明治三十六年):第五回内国勧業博覧会開幕。
3月7日(明治三十六年):大阪市内の河川に巡航船開業。
「大阪のベルエポック 第五回内国勧業博覧会」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月10日(安永七年):与謝蕪村、几菫とともに三十石船で来坂。
「蕪村の謎。故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月13日(昭和二十年):第一次大阪大空襲
「大阪大空襲あの日あの時〈その一〉」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月15日(昭和四十五年):日本万国博覧会(大阪万博)開会式。
「大阪万博と八軒家かいわい」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年2月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
2月17日(元暦二年):源義経、屋島攻撃のため渡辺津を出発。
「津の国ものがたり 渡辺の津:中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
頼光四天王の筆頭で数々の武勇伝に名を残す渡辺綱(わたなべのつな)。彼が根拠にした「摂州渡辺」とは、さて、一体どのあたり?
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月19日(天保八年):大坂町奉行所元与力大塩平八郎決起。
「ドキュメント!大塩平八郎の乱」
蜂起直前に同志が奉行所へ密告。窮地に立たされます。さてその時、平八郎はどんな手を打ったか?
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月26日(天平十五年):難波宮を皇都とする。
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」(関連記事)
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年1月15日
「八軒家かいわいマガジン」を更新しました。
2013年1月9日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
1月9日(慶応四年):
「大阪城炎上。時代は維新へ」
大阪市中を狂乱の渦に巻き込んだええじゃないか踊りの騒動も鎮まって迎えた慶応四年一月三日、 鳥羽・伏見の戦いが始まります。旧幕府軍が敗走してきた大阪城にはすでに将軍慶喜の姿はありません。 八軒家から小船で脱出していたのです。そして九日の朝、出火。二日間燃え続け、大阪城は灰燼と化します。
  →近日公開予定。
1月—(大化二年):
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年1月1日
あけましておめでとうございます。
2012年12月14日
「八軒家かいわいマガジン」を更新しました。
2012年12月3日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
12月2日(明治五年):
太陽暦採用の詔書により、29日早い旧暦(太陰暦)最後の大晦日。
「大坂の蘭学の祖は傘職人の息子だった!」(関連記事)
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月14日(明治八年):
大阪で初めての日刊紙「浪花新聞」創刊。
「新聞王国大阪への第一歩 宇田川文海が浪花新聞を創刊」
四大全国紙のうち、読売を除く朝日、毎日、産経の三紙が大阪生まれ。 明治半ばから新聞王国と呼ばれるまでにジャーナリズムが育ちました。 その先鞭をつけたのが大阪初の日刊紙「浪花新聞」を創刊した宇田川文海なのです。
  →近日公開予定。
12月20日(明治二十一年):
天満橋・天神橋(鉄橋)竣工。
「浪速の橋ものがたり 天満橋。重ね橋の「もったいない」発想とは?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
「浪速の橋ものがたり 天神橋。空海はここから唐へ船出した?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月—(明治九年):
高麗橋東詰めに里程元標を設置。
「浪速の橋ものがたり 高麗橋。朝鮮使節の迎賓館があった!?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2012年11月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
11月4日(嘉永七年):
5日にかけて地震(推定M8.4)。津波の被害甚大(安政の大地震)。
「浪速っ子を震え上がらせた大地震と津波の話」
11月6日(天正六年):
毛利水軍、木津沖で信長配下の九鬼嘉隆の水軍に敗れる。
「津の国ものがたり 楼の岸:信長vs顕如 石山合戦の十余年」
後白河法皇も、後鳥羽院も、そしてあの「明月記」の作者藤原定家も・・・貴族たちが競うように出かけた熊野詣は、ここが起点だった。
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
11月11日(大正十三年):
寿屋(サントリー)、京都・山崎に日本初のウイスキー蒸留所。
「日本の洋酒王 鳥井信治郎は釣鐘町に生まれ、北大江小学校に入学」
11月26日(寛政十年):
大槻玄沢、芝蘭堂でオランダ正月を祝う会(新元会)を開催。
「大坂の蘭学の祖は傘職人の息子だった!ー橋本宗吉物語ー」
2012年10月5日
「八軒家かいわいマガジン」を更新しました。
2012年10月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
10月2日(慶長八年):家康、淀船に朱印状を発給。
「淀川の川舟戦争」
徳川家康は慶長八年十月二日、幕府に貢献のあった川船などに朱印状を与え、淀川舟運の独占権を与えました。しかしそれが以降二百数十年にわたって繰り広げられる川船間の紛争の火種となったのです。
  →近日公開予定。
10月5日(建仁元年):後鳥羽上皇、熊野参詣。
「後鳥羽院も藤原定家も、ここで一服」
後白河法皇も、後鳥羽院も、そしてあの「明月記」の作者藤原定家も・・・貴族たちが競うように出かけた熊野詣は、ここが起点だった。
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
10月10日(神亀二年):聖武天皇、難波行幸。
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」
10月12日(元禄七年):松尾芭蕉、大坂で没。
「芭蕉翁 八軒家の憂鬱」
2012年9月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
9月3日(昭和二十五年):ジェーン台風
「占領下の大阪をジェーン台風が直撃!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月12日(明治三十六年):大阪市営電気鉄道開業
「水の都大阪に市電が走った日」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
9月13日(元亀元年):石山合戦開始
津の国ものがたり 楼の岸(ろうのきし)
「信長vs顕如 石山合戦の十余年」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2012年8月1日
「八軒家かいわいマガジン」を更新しました。
2012年8月1日
「ちょっとお遊び 八軒家かいわい検定」のページを、本サイト内に設けました。 なお、「大水都史 縦書きブログ」は7月31日を持って閉鎖いたしました。
→「ちょっとお遊び 八軒家かいわい検定」トップページへ
2012年8月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
8月14日(昭和二十年):大阪大空襲
「狙いは造兵廠。最後の大空襲はなんと終戦の前日!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2012年7月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
7月3日(推古十五年):遣隋使
「難波津から小野妹子が隋へ旅立った日」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月11日(保元元年):保元の乱
「津の国ものがたり・渡辺の津 中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
7月26日(寛永十一年):地子銀免除
「徳川嫌いの大阪町人も感激?釣鐘屋敷は、税免除のお礼」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2012年6月5日
「八軒家かいわいマガジン」を更新しました。
2012年6月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
6月 1日(昭和20年)
「八軒家界隈が焼き尽くされた六月の大空襲」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
6月5日(貞享元年)
「俳諧師 西鶴 その野望と挫折」
  →2012年6月5日公開予定。
6月25日(江戸時代)
「江戸時代の天神祭 ちょっといい話」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
「錦絵と俳句で楽しむ—大阪の 川の 天神祭かな」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2012年5月7日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
慶長二十年(1615)五月七日
『大坂夏の陣図屏風』全三編
一、大坂夏の陣ゲルニカ絵巻、これが全容。
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
二、八軒家かいわい 大川べりの阿鼻叫喚絵図。
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
三、両軍の雑兵が暴徒と化して避難民を襲う!
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2012年4月16日
「八軒家かいわいマガジン・ポスター」に「信濃橋洋画研究所」を追加しました。
→ポスターダウンロードへ
2012年4月9日
『iPad版・八軒家かいわいマガジン』第二巻をバージョン・アップ。本編に登場する7つの錦絵を画面いっぱいに楽しめる「錦絵モード」を追加。指先の操作で手軽に拡大でき、細部までじっくり錦絵をご覧いただけます。現在、AppStoreにて「無料」公開中です。
→『"文明開化と造幣局の通り抜け"〜なにわの宴 桜の名所巡り〜』(バージョン1.4)iTunesプレビューへ
→ニュースリリース(PDF)へ
2012年4月6日
「八軒家かいわいマガジン」を更新しました。
2012年3月8日
「八軒家かいわいマガジン・ポスター」に「川上音二郎」を追加しました。
→ポスターダウンロードへ
2012年3月5日
「八軒家かいわいマガジン」を更新しました。
2012年3月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
明治三十六年(1903)三月一日
「大阪のベルエポック 第五回内国勧業博覧会」
フランス革命百年記念と銘打ったパリ万博、そのわずか四年後のこと。 会場へ向かう巡航船の乗り場、八軒家や天満橋も大賑わい・・・
→縦書きデジタル絵巻
→テキスト版(画像なし)
昭和二十年(1945)三月十三日・十四日
「大阪大空襲 あの日あの時〈その一〉」
昭和二十年三月十日、東京に大空襲があり、十二日は名古屋。 そして、十三日の深夜、B29二七四機が大阪を襲ったのです。
→縦書きデジタル絵巻
→テキスト版(画像なし)
昭和四十五年(1970)三月十四日
「大阪万博と八軒家かいわい」
東京への一極集中を強めてゆくなか開かれた大阪万博。 関連事業で都市整備も一気にすすみ、大阪の都市景観もがらりと変わりました。
→縦書きデジタル絵巻
→テキスト版(画像なし)
2012年2月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
天保八年(1837)二月十九日
「ドキュメント!大塩平八郎の乱」
蜂起直前に同志が奉行所へ密告。窮地に立たされます。 さてその時、平八郎はどんな手を打ったか—
→縦書きデジタル絵巻
→テキスト版(画像なし)
2012年1月1日
あけましておめでとうございます。
あなたは八軒家かいわい博士?